今しか見れない相模湖
Twitterを見ていたら「宮ヶ瀬湖」の貯水率がかなり下がっていて、
ダムにより水没したはずの道路や看板が見えるという噂が広まっています。

宮ヶ瀬湖
宮ヶ瀬湖とは、相模原市・愛川町・清川村にある湖で、宮ヶ瀬ダムによって
作られた湖になります。2000年に完成した比較的新しいダムですが
神奈川県民の90%が宮ヶ瀬湖から供給される水道を利用しています。
(私の自宅にある上水道も、ここから水が運ばれてきています)

宮ヶ瀬ダムの貯水状況について -宮ヶ瀬ダムの貯水量は管理開始以降最低を記録し更新中- | 記者発表 | 国土交通省 関東地方整備局

かながわの水がめ - 県内の貯水状況

現在は過去最低から回復して64%くらいまで水位が上がっていますが
まだ水没地域の一部が見えるらしいので、実際に様子を見てきました。

ダムに沈んだ町並み
宮ヶ瀬湖の一番南側(清川村)のところにやってきました。
貯水率64%とは言え、かなり水位が下がっていることがわかります。

地図
Googleマップでも「ダムに沈んだ町並み」という地名で登録されているのですが
地図で言うとこのあたりの場所になります。

水没地域
集落にあったと思われる道路の橋が少し見えています。
貯水率が50%台になると、この橋が現れるようです。

道路標識
道路の標識も残されていて、こちらは水の上にある状態でした。
ダムによる水没でも、そのまま残されているものがあると異様な光景になりますね。

見学者多数
地元住民と思われる方々が珍しい光景を見に、車を停車させて見学に来ていました。
規模の大きいダムであるため、貯水率がこれ以上下がることはまずないと思いますが
今しか見られない貴重な景色が見れました。

| 雑談・日常生活::普通の日記 | 23:59 | コメント(0) |
後ろも前もピカチュウ大量発生
毎年夏になると、横浜で「ピカチュウ大量発生チュウ!」というイベントがあります。
今年はイベントにあわせてポケモンGOパークというものがあり
ポケモンGOのレアポケモンがたくさん出てくるイベントも同時開催されるようです。

桜木町駅のホーム
ということで今回は、ポケモンGOパークを遊びに横浜の桜木町駅までやってきました。
すでにホームから降りた瞬間からピカチュウだらけの仕様になっています。

桜木町駅の駅舎
駅舎の看板も同じようにピカチュウ大量発生チュウ!の特別バージョンになっています。


ポケモンGOパークというのは、赤レンガ倉庫とカップヌードルミュージアムの近くが
会場になっていますが、かなり来場者が多くて入りきれないため、横浜みなとみらい周辺すべてで
レアポケモンが出やすいようになっているようです。

2Dと3Dのピカチュウ
久しぶりにARモードで撮ってみましたが、ポケモンGOでもピカチュウが
かなり出やすくなっているので、2Dと3D両方ピカチュウという珍しい様子も楽しめますね。


日中は人が多すぎるので、自宅で仮眠をとり終電で再度桜木町にやってきました。
始発電車が来るまで夜オールでポケモンGOをやります。

日本では普段出ないバリヤード
カップヌードルミュージアム近くは、出現内容が変更され
バリヤードしか出ない場所に変更されているようです。
ここまで同じポケモンが大量に出るのは初の光景ですね。

アンノーン2体同時出現
通常は出現率100万分の1と言われるほどのレアポケモン「アンノーン」は
YOKOHAMAにちなんで「Y型」「O型」「K型」「H型」「A型」「M型」が出るようになっています。
ポケモンGOやりこんでいる人にしか理解しにくいと思いますが
アンノーンが近くに2体出る光景も、普段ではありえないですね。

色違いピカチュウ
また、色違いピカチュウも捕まえることができました。
通常ピカチュウと違うのは全体的に日焼けして黄色が濃くなっています。

1年前にポケモンGOの聖地はお台場でしたが、
今年のポケモンGO聖地はイベント期間中のみなとみらいですね。
ぜひ来年も日本のどこかでイベントを開催して欲しいものです。

| 雑談・日常生活::普通の日記 | 23:59 | コメント(0) |
いい環境作り@マットレス導入
大学から現在に至るまで自宅の寝具は、すのこベッドに布団を敷いて寝ています。
もう10年以上使っていて新しいものへ交換しようと検討していました。

当初の予定としては、寝具を完全に交換してサイズを
シングル→セミダブルへ変更し、フランスベッド社のフレームを使い
airweaveのマットレスを使う予定でした。(予算30万円)

しかし、現在の寝室は収納スペースを増設した影響で
サイズ的にシングルベッドを置くのが精一杯であり
将来は引っ越しすることがほぼ確実なので、寝具を5年くらい延命させるために
すのこベッドは続投して、格安マットレスだけ試しに使ってみることにしました。

マットレス
マットレスはピンきりですが、今回は1万円以下で購入できる
「タンスのゲン ボンネルコイル マットレス」にしてみました。
特徴としては7000円程度で購入できる安さと、通販での送料無料、
また圧縮した状態で送られるため導入しやすいという3点があります。

圧縮された状態
ダンボールを開封すると、ロールケーキ状に圧縮されたマットレスが登場します。

展開前
マットレスを広げるとこんな感じになります。
まだ圧縮状態のままですが、袋の端っこを切ると
真空状態ではなくなりマットレスが展開されます。

展開後
1分程度で真空状態がなくなり立派なマットレスに変貌しました。
マットレス展開中はコイルが「ボコン ボコン」と弾ける音がするので
注意してください。

その他必要なもの
マットレスの準備はできたので、ベッドパッドとカバーをかけます。
寝具は落ち着いた色にしてみたかったのでブラウンにしてみました。

完成
あっという間に折りたたみ式すのこベッドが、立派なベッドに早変わりです。
すのこベッドに置いているため、湿気がこもることなく快適です。カビも生えることはありません。

寝心地は普通のマットレスと遜色ありませんが、ビジネスホテルで使われる
マットレスと比べるとかなり柔らかいため、あまり端に
身体を寄せると転落しそうになります。

また、地震がきたときは揺れがマットレスで増幅され、震度が1~2段階大きく感じます。
寝ているときに揺れるとかなりの確率で起こされるので注意してください。

それでも夜中に目覚めることもなく、朝までしっかり熟睡できました。
7000円でこのクオリティは十分ですね。あとは耐久性の問題は未知数ですが
バネがへたることなく5年くらい使えれば大成功かなと思います。

久しぶりに自宅の環境がより良くなりました。

| 買い物・導入レビュー::家電・家庭用の製品全般 | 23:59 | コメント(0) |
正しく常識的な情報の扱い方を、とくダネは知らない
今日はこちらの記事を紹介します。

とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使用」、弁護士「違法とまではいえない」

「とくダネ!がツイート無断使用!」 ネット炎上→実は許可取っていました : J-CASTニュース

台風の被害状況を、一般の方がスマホで動画撮影してTwitterで
公開しているものがあります。その映像をフジテレビのとくダネという
ニュース番組で利用したいという相談があったようです。

投稿者がテレビの放送を許可した(らしい)ので、根本的に問題なかったようですが
本人からの返事が遅かったせいか、深夜・早朝に何度もリプライを送り
挙げ句の果てには「午前8時までに返答ない場合は、放送で使用させていただく」
という一方的な交渉をしてきています。

本来マスコミは現地で取材するところをインターネットから
無料で情報を手に入れて報道するわけですから、もっと低姿勢で交渉すべきです。
弁護士によるコラムでは、著作権法には例外があり
事件の報道のためであれば許可なく他人の動画を利用できる特例があるようです。

しかし、Twitterの動画が実は加工され偽の映像である可能性も
ゼロではありませんから無断使用は非常に高いリスクがありますし、
報道とは言えテレビ局は営利目的の企業ですから、必ず許可をもらうべきです。

あまり批判の対象になっていませんが、個人的にマスコミの
映像提供で気に入らないポイントは2点あります。

①「視聴者提供」のテロップ表記
②使用許諾交渉がDMで行われている

まずは①は一般の方から許可をもらった映像が放送されるとき
「視聴者提供」というテロップが表示されますね。許諾をもらったときに
番組視聴者であることを確認しているのであれば別に構いませんが
本来であれば、提供者の名前(ハンドルネーム・本人希望の仮称)を表記すべきです。

私もいろいろ動画は撮っていますが、まだテレビ局からの提供依頼はありません。
もし依頼が来たときは、視聴者提供ではなく名前を掲載するよう条件付きで
許可したいと考えています。

たいていの映像は無償で提供されているかと思いますが、
テロップ表記をしない場合や、撮影者が有償でなければ許可しない場合
どれくらいの価格になるのか気になりますね。


また、②の使用許諾交渉ですがマスコミからのリプライの大半が
「フォローしてDMで話したい」の決まり文句ですね。
これはマスコミの一方的な要望であり、交渉の場をDMへ変更するのか
リプライで続けるかは動画撮影者が選べるようにすべきです。

今回のケースも転載の許諾はもらっているらしいですが
Twitterからではその様子が一切分からないことから転載OKのソースがなく
無断使用されたと炎上しています。なぜマスコミはDMにこだわるのでしょうか?
多くの映像は無償で使われていると思いますし、電話確認で個人情報を開示するとき以外は
リプライで「映像は私が撮影しているもので、使って構いません」で十分かと思います。

報道活動の透明性を意識してマスコミが動けば「マスゴミ」などと
罵られるケースは減るのではないでしょうか?一歩一歩マスコミは
殿様商売から抜け出すように頑張って欲しいところです。

| 雑談・日常生活::ネットからの話題 | 23:59 | コメント(0) |
このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox