とてもおいしいミネストローネ
職場の自動販売機に、見たことのない商品が増えていました。

野菜スープ
伊藤園の野菜スープです。名前だけだとコンソメスープと間違えそうですが
トマトベースの味になっていてミネストローネ寄りの味になっています。

同じメーカが出しているコーンスープよりも
10円高くなっていましたが、1日分の野菜摂取量の3分の1が
入っているようです。気になったので早速飲んでみました。

パッケージデザイン
トマト、ニンジン、コーンが入っていてスープはかなり濃厚ですね。
洋食屋さんのスープと遜色ないクオリティです。
また1缶のカロリーは60kcalで、かなり低くなっていることから
健康志向の方でも気にせず試せると思います。

また飲み口は蓋の上側が全部取れるようになっているので
具が残ることなく飲みきることができました。
(ただしトマトなど柔らかい具が底にへばりつくことがあるので
開封前によく振ったほうがよいと思います)

私は伊藤園の特濃コーンポタージュも好きなのですが
それを超えるスープがあるとは知りませんでした。
公式サイトで見ても、ラインナップとしては数年前からあるようですね。

冬の楽しみがまたひとつ増えました。
| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
臨時メニュー
ペヤングやきそばが販売再開されてしばらく経ちますが
最近ペヨングと言った廉価版が出ているなか、さらに新しいものを
見かけたので紹介したいと思います。


ペヤングヌードル
ペヤングヌードルです。ペヤングと言えばインスタント焼きそばでしたが
とうとうラーメンまで進出してしまいました。

中身
中身を開けてみると、麺にスープか味付けられていました。
色合いもチキンラーメンに似ている感じがしますね。
かやくは別の袋にパックされていました。

熱湯を入れて食べてみましたが、チキンラーメンというよりは
醤油ラーメンに近い味でした。胡椒もついてますが、唯一これだけ
ペヤングやきそばと同じものが付属されているようです。

個人的には、ペヤングヌードルは麺が細すぎますね。
ペヤング焼きそばのように、がっつり太い麺のほうが食べ応えがあります。
カップ麺は初の試みだと思いますので、改良しながらおいしいものにして欲しいですね。

| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
難しいない比較@どん兵衛東西食べ比べ
前回のブログ記事では、カップラーメンミュージアムへ
行った話を紹介しました。とても満足できる博物館でしたが
お土産売り場コーナーでおもしろいものがあったので紹介します。

どん兵衛東西味比べセット
どん兵衛東西味比べセットです。
日清食品や東洋水産のカップうどん、カップそばは
東日本・西日本で味を変えています。

カップラーメンミュージアムでは東西仕様をセットで販売しているようです。

どこの工場から仕入れるかによって東西の入荷が変わるものの
だいたい提供されるエリアは決まっているようです。

東西の違い
東日本・西日本のカップ麺はデザインは同じですが
よく見ると(E)、(W)というアルファベットが表記されています。
EAST:東、WEST:西の頭文字になっています。

東西それぞれ食べてみたところ、やはりスープの味は異なっていました。
濃い口醤油でカツオ風味が強いのが関東風、薄口醤油で
昆布だしを使うのが関西風です。


私は生まれは西日本、育ちは東日本ということもあって
関東風でも関西風でも両方違和感なく食べることができます。
強いて言うなら、うどんは関西風、そばは関東風のダシが好きですね。

| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
きっちりこだわりを感じる@ペヤングにんにくMAX
ペヤングソース焼きそばが復活してから、超大盛り・激辛などの
従来あったラインナップも次々と復活してきています。

ペヤングソース焼きそば にんにくMAX
そのなか新しい「にんにくMAX」というシリーズが
発売されているので、どんな味なのか試してみることにしました。

通常版との比較
通常版のペヤングと比較すると、黒いパッケージなので
かなり目立ちますね。かなりにおいがきついらしく
食事するときの場所を配慮するよう注意書きまであります。

私は二郎インスパイア系と呼ばれる、刻み生ニンニクが
たくさん入ったラーメンを食べることが多いので
にんにくMAXに、どれくらいのパンチ力があるのか興味津々です。

かやく、ソース
かやくにはニンニクチップが入っていてお湯をいれると
ニンニクの香りが一気に出てきます。ソースは塩味のようですが、
おろしニンニクが大量に入っていて、まるで大根おろしが入った
ソースのような状態になっています。

香りは強烈で、あっという間に部屋の空気清浄機も反応するレベルでした。
食べてみるとかなりニンニクが効いていますね。
おろしニンニクなので刻み生ニンニクと比べると
パンチ力は劣りますが、おろしニンニクとしては一番効いています。

感覚的な指標になりますが、ニンニクの強さとしては
ペペロンチーノの2倍~3倍くらいありそうな気がします。

完食する頃にはニンニクで体が温まっていたので、
インスタント麺であることを除けば健康にはいいかもしれません。
意外だったことは、翌日までニンニクのにおいが残ることを
心配していたのですが、ほとんど残りませんでした。

ペヤングは刺激のつよい食品を作っても、ちゃんと美味しさの
バランスもとれているのが素晴らしいですね。

激辛ペヤングよりは食べやすいので、ぜひ一度は試してみるといいと思います。
食事される際は換気扇を動かした部屋、または屋外で食べることをオススメします。
| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
温かいスープが飲みたい季節
11月も後半戦に入り、冬の季節が目の前までやってきています。

まだ関東地方は15℃くらいあって暖かいですが、
日中でも10℃前後まで下がれば完全に冬の季節ですね。

自宅は今年も自然対流型の石油ストーブで暖房する予定です。
すでに灯油も36L買ってあり、いつでも使える状態になりました。

さて、職場の自動販売機を見ると商品が変更されていました。
この時期に飲みたくなるものを紹介したいと思います。

特濃コーンポタージュ
缶飲料のコーンスープです。温かくて生のコーンが
入っているのでクオリティはかなり高いです。

コーンスープは各社がいろいろ製品を出していますが
個人的にオススメしたいのは「伊藤園 特濃コーンポタージュ」です。

コーンスープのなかでも特濃コーンポタージュは
名前の通り、かなり味が濃く若干とろみも感じるスープなので
ファミレスで注文して出てくるコーンスープと遜色ない味があります。

※私の場合、コーンスープは甘味を重視して
 塩気の強い商品はかなり評価を下げています。ご注意ください。

自動販売機で飲める缶飲料としては、一線を画する味ですので
見かけた時は一度試してみて欲しいと思います。


また缶飲料のコーンスープは、コーンが
飲み口に引っかかってたくさん残ることがあります。

飲む前に缶をよく振ることも大事ですが、飲み口のすぐ下の部分を
指で強く押してへこませておくとコーンが残る数がかなり減ります。
コツをつかめばコーンを残さず完食できるときもあります。

ぜひ一度試してみて欲しいですね。

| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 16:17 | コメント(0) |
飲みやすいスープつき@焼そばバゴォーン
先週末はバイクツーリングで東北地方へ出かけてきました。
ツーリングに関する詳しい記事は6月1日に紹介したいと思います。

さて、今回は東北地方限定のカップ焼きそばを
食べてみたので紹介したいと思います。

2週間くらい前のブログ記事では、北海道限定の「やきそば弁当」を紹介しましたが
同じメーカーが東北地方と信越地方限定で出しているカップ焼きそば
「焼きそばバゴォーン」があります。

焼そばバゴォーン
登場した頃は全国で売られていたようですが、東北・信越以外の
売れ行きが悪かったため現在は地域限定の
カップ焼きそばになったようです。

北海道のやきそば弁当では中華スープがついてましたが、バゴォーンだと
わかめスープがついています。個人的に、このわかめスープがとても気に入りました。

焼きそば自体については、オーソドックスな味付けですね。
人によっては、わかめスープの粉末を少し麺にかけて
味に深みをつけてアレンジして食べている方もいるようです。
食べ方を極めると、かなり奥の深いものになりそうですね。

ソースについては、やきそば弁当が好みですが、
付属スープについてはバゴォーンのほうが好みです。
どちらも甲乙つけがたい商品ですね。

バイクでは日本全国巡るつもりなので、地域限定のものがあれば
話のネタ程度に試してみたいと思います。
| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
うまいもの巡り@やきそば弁当
最近、近所のファミリーマートで北海道限定品の
やきそば弁当が売られているようになったので紹介したいと思います。

やきそば弁当
やきそば弁当です。東洋水産(マルちゃん)が
北海道限定で販売しているカップ焼きそばです。

普段は北海道しか売られていないはずですが
ペヤングが販売中止ということもあって、北海道以外で
取り扱う店が増えているようです。

特に、ファミリーマートでは全国的に売られているようですね。
(2~3店舗のファミリーマートを散策すると見つけることができます)

やきそば弁当の特徴としては、細麺が使われていることと
中華スープが付属していて、湯切りするときの捨て汁を使って
コップに注いで飲むようになっています。

湯切りの熱湯を使うと健康的に悪そうなイメージがありますが
捨て汁に含まれている脂分も考慮してスープが作られているため
普通の熱湯でスープを作るとおいしくありません。

関東だと「昔ながらのソース焼きそば」しか売られてませんが
個人的にはやきそば弁当のほうが好きですね。
また、同じように東北・信越地方限定で「焼そばバゴーン」があるので
こちらも食べてみたいところです。
| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
じっくり食べられる金ちゃんヌードル
相模原市のOKストアで買い物をしていたら、金ちゃんヌードルが
大量に売られていたので買ってみることにしました。

金ちゃんヌードルとは、徳島製粉が製造して主に
西日本エリアで売られているカップラーメンです。
東日本だと、期間限定でスーパーが仕入れるかディスカウントショップくらいしか
取り扱っていないので、東日本だと普段は手に入れにくい商品です。

金ちゃんヌードル
OKストアでは、いろいろな種類の金ちゃんヌードルが並んでいて驚きました。
たぶん期間限定で取り扱っているだけだと思うので、
全種類を1つずつ買ってみます。

通常版と塩味の金ちゃんヌードルは、ドンキホーテで買えるので
食べ慣れた味なのですが、ちゃんぽん版と阿波踊り版が
売られていたのは初めて見ました。こちらは、あとで試食してみたいですね。


金ちゃんヌードルのいいところを挙げてみました。

①98円~118円で買える安さ
②西日本仕様の味付けなので、味が濃すぎず飽きずに食べられる味
③フライ麺でありながら、食べ応えのある麺

この3点ですね。昔放送していたトリビアの泉でカップラーメンの
ランキングをやっていたことがありましたが、金ちゃんヌードルが
上位4位にランクインしていたのを覚えています。


茨城・千葉限定で始まったマックスコーヒーは、今では全国で売られていますが
金ちゃんヌードルも、味付けは西日本仕様そのままでも東日本で
売れると思いますので、ぜひ全国展開して欲しいですね。


インスタント麺を食べる機会は減ってますが、自宅には
「シーフードヌードル」「ペヤング焼きそば」「金ちゃんヌードル」のうち、どれか2品は
いつも常備している感じです。たまに食べたくなる味です。


| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:57 | コメント(0) |
うまく分かりやすい挿絵つき@ペンギンラーメン
ドンキホーテでは珍しい食べ物を見かけることが多いです。
その中で、見たことないパッケージがあったので買ってみることにしました。

ペンギンラーメン
ペンギンラーメンです。てっきり、ペンギンをダシにしたのかと
勘違いしてしまいそうですが・・・通常のインスタント塩ラーメンです。

水族館との共同開発で作った商品のようです。
しかしパッケージに家庭用ラーメンと書かれているのが不思議です。

どうやら、ペンギンラーメン以外にもカピバララーメン、キリンラーメンがあるようです。
インスタント麺でも、国内産小麦を100%使っているのが特長ですね。

調理方法のイラストも独特
パッケージ裏面は調理方法が書かれていますが、挿絵がとてもユニークです。
手順1の麺を茹でるところでは、インスタント麺を勢い良く投入している風景が描かれています。
普通なら矢印で描くことが多いですが、表現方法が独特ですね。

ちなみに試食した感想ですが、麺は一般的な
インスタント麺ですが通常よりも若干細麺に近いです。
スープは塩ラーメンですが、非常に薄味で、どの系列のダシか分かりにくいです。
ラー油を加えて食べるとちょうど良かったですね。

通常の調理はラーメンですが、焼きそばとしての調理方法も書かれていて
地元の方には親しみのあるインスタント食品だと感じました。

| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:59 | コメント(0) |
ついでに買ってみたペヤング ペペロンチーノ
自宅近くのコンビニで買い物をしていたら、こんな物が目に入りました。

ペヤング焼きそばペペロンチーノ
ペヤング焼きそばです。
通常版と違って、ペペロンチーノ仕様になっています。

いつものインスタント麺
パッケージを開けてみると、いつも見かける麺が出てきました。
麺以外はペペロンチーノ向けに変更されています。

かやくには通常のキャベツだけでなく、にんにくが追加されています。
ソースは塩ダレのような半透明の調味料が入っているようです。

試食した感想としては、にんにくの風味がよく聞いた塩焼きそば・・・ですね。

ペペロンチーノと聞くとスパゲティを思い浮かべますが、
これはスパゲティではありません。麺が通常のラーメン用です。

塩焼きそばとして食べる分なら、十分美味しく食べれますね。

最近、ペヤング焼きそばシリーズは色々な味を出しています。
どれか1つくらいはレギュラーメニューに入るかもしれませんね。

| 食べ物レビュー::レトルト・インスタント食品 | 23:01 | コメント(0) |
このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   05 - 2022   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox