遠くからきれいに見えるもの
まだまだ寒い日が続きますが、今日は皆既月食が見れる日となります。
今夜は天気がいいこともあり初めて皆既月食を観察することにしました。
久しぶりにデジイチを引っ張り出しての撮影です。

2018/1/31 21:55頃に自宅から撮影した月の様子です。
外気温は2℃と寒いですが雲一つない星空が広がっていました。

初の皆既月食撮影
今回はスーパー・ブルー・ブラッドムーンと言われていて
スーパームーン(満月が大きい)、ブルームーン(満月が月に2回)、
ブラッドムーン(月が赤くなる)の3つが揃います。

実際に肉眼で見る分には、ブラッドムーン以外の違いはよく分からないのですが
天文学的には珍しい組み合わせのようですね。

肉眼で見た時を再現した、皆既月食撮影
デジイチで撮るとかなり明るく撮影してしまうため
カメラの露出補正-4で、肉眼で見ているときとほぼ同じ写り方になりました。
もともと満月でしたが、月にあたる太陽の光が地球に遮られて
暗くなっていることがハッキリ分かります。

なかなか天体や宇宙関係は、普段の生活で実感できるものがないため
興味はあまりないのですが月食のように、見ているときの姿が変わっていくのは
非日常的な雰囲気があって楽しかったです。

皆既月食が次回見れるのは、今年の7月28日(土)のようですが朝4時とかなり早く
また皆既月食の状態のまま月が沈み見えなくなってしまうようです。
ただし休日なので天気が良ければ観測している人は多いかもしれませんね。

今夜のような感じで、満月の状態から皆既月食が起こる様子を
はっきり確認できるのは4年後の2022年11月8日(火)だそうです。
4年後自分の身の回りの環境はどう変化しているか楽しみです。

| 雑談・日常生活::雑談@風景写真付き | 23:59 | コメント(0) |
各場所の温度測定を一括で@Digoo DG-TH3330導入レポート
ここ最近かなり寒い日が続くので、ワイヤレスで外気温が
測定できるデジタル温度計を探していました。
久しぶりに新しいものを購入してみたので紹介します。

Digoo DG-TH3330
Digoo DG-TH3330です。ワイヤレスで温度計が3台ついて価格3000円台という
驚く安さだったので、この安さでどれくらい使えるのか試すために購入してみました。

Digoo社は聞いたことのないメーカなので、ちょっと調べてみたところ
中国の会社で、大学卒業したばかりの若手で結成したベンチャー企業のようです。
ワイヤレス製品やカメラ、照明など家庭用製品を作っています。

中国と聞くと、どうしても安かろう悪かろうのイメージが強く、その傾向性は高いです。
しかし新しい企業ですので、その印象を払拭してくれるかちょっと楽しみにしています。

本体とワイヤレスセンサ
パッケージはとてもシンプルで、個装箱の中にはプチプチで包まれた本体と
ワイヤレスセンサ3個と英語の取扱説明書が入っています。
しかし箱には隙間がなくピッタリ入っているため、十分な梱包かと思います。

すべて電池動作する製品ですが、乾電池は付属されていないため
事前に準備しておく必要があります。
【本体】単4電池×2本
【ワイヤレスセンサ】単3電池×2本 (センサは3つあるため合計6本必要)

また、ワイヤレスセンサはCH1、CH2、CH3と識別する必要があり
電池を入れるところにチャンネルの切り替えスイッチがあります。
センサ3個とも初期値はCH1になっているため、CH2とCH3を1つずつ設定します。

電池を入れるだけ
電池を入れると、すぐに起動して時計と本体内臓の
温度計・湿度計の測定値が見れます。
ワイヤレスセンサは受信すると数字が反映されていきます。

本体の裏にボタンがいくつかありますが、SETボタンを押すと日付と時刻が設定できます。
CHボタンを押すと、CH1が点滅し、その状態でさらにCHボタンを長押しすると
ワイヤレスセンサの表示を初期化することができます。温度と湿度の情報が更新されているか
分からないときはこの表示クリアをしてみると良いかと思います。

基本的な使い方はこれだけです。
温度・湿度の更新は1分間隔のため、表示クリアしてから
何分待っても「- -」の場合は電池切れか故障と思われます。

冷凍庫の温度も測定可能
ワイヤレスセンサは3つあるので、それぞれ以下の場所に設置して測定することにしました。
【CH1】自宅ベランダに置き、外気温測定
【CH2】自宅冷蔵庫の冷蔵室に置き、庫内の温度を測定
【CH3】自宅冷蔵庫の冷凍室に置き、庫内の温度を測定

温度計はそれなりに正確に計れていますが、実際の温度より±1℃前後ずれて表示されるようです。
自宅の冷蔵庫と冷凍庫の温度を見たのは初めてですが、
冷蔵庫は3℃、冷凍庫は-18℃であることが分かりました。

英語の取扱説明書には、寒い環境ではリチウム電池の
使用推奨とは書かれていますがワイヤレスセンサ自体は省電力で動けるらしく、
-18℃の環境でもアルカリ電池でなんとか動いています。
ただし、一番最初に電池切れを起こすのは間違いないので、
冷凍庫に入れるセンサの電池はそのうちエネループに交換予定です。

こんな感じで、机にいる状態で、外気温と冷蔵庫、冷凍庫の温度を
一目でチェックできるようになりました。3000円台でこの性能は十分すぎるため
あとは計測値が狂ったりせず、いつまで使えるか実験していきたいと思います。

| 買い物・導入レビュー::家電・家庭用の製品全般 | 13:57 | コメント(2) |
埋もれた水道は氷点下
月曜日は関東地方でまとまった積雪がありましたが、
その後なかなか溶けずに気温が低い状況が続いています。

記録的な寒さ
出典:気象庁ホームページ (利用規約に準拠した引用)

残雪の影響もありますが寒波により1/26(金)と1/27(土)の自宅周辺は
連日-8℃まで気温が下がり、なんと自宅マンションの水道が
凍って水が出なくなってしまいました。

10分ほど蛇口を開けていたら水が少しずつ出るようになったので
大きな問題はなかったのですが、築年数が浅く冷えにくい
重量鉄骨造のマンションでさえ水道が凍る寒さには驚いています。
-5℃くらいの冷え込みは年に1~2回ありますが-7℃以下は初です。

最近では地球温暖化という言葉をほとんど聞かなくなってしまいましたが
最低気温の低さをこれ以上更新する日が来るのは見ものです。

| 雑談・日常生活::普通の日記 | 23:59 | コメント(0) |
いい研究
数日前に自宅ポストにこのようなものが届いていました。

アンケート
東京工業大のとある研究室で、街路樹の調査をしているらしく
一般市民が街路樹に対してどのような認識をもっているのか調査したいようです。

カラー印刷で詳しく資料が説明されていて、歩道・自転車道・街路樹・車道で
どの並びが良いと感じるのか、街路樹の種類はどれが良いのかと、かなり細かな設問がありました。
相模原市は国道16号線を中心に、自転車道が整備されていますので
かなり身近なネタで回答しやすいアンケートでした。

強いて言うならば、回答期限がちょっと短めであったため
1ヶ月くらい余裕があっても良いのではないかと思いました。

しかし、一般市民からアンケートをとる研究は素晴らしいですね。
インターネットの情報だけでなく、実際に自分で手に入れた情報は何倍も価値があります。
ぜひ素晴らしい研究に役立てていただきたいですね。

| 雑談・日常生活::普通の日記 | 23:59 | コメント(0) |
すべてが珍しい
今日はこちらの記事を紹介します。

つくば市成人式は厳戒態勢「無事に終わって一安心」 - 社会 : 日刊スポーツ

最近知ったことなのですが、昨年2017年 茨城県つくば市の成人式では
式典を妨害する新成人が現れ、警察官の制止を振り切ったため
公務執行妨害で逮捕されたそうです。

昨年のトラブルを教訓に、警備員を増やしたところ
今年の成人式はトラブルなく終わったとのことが報道されています。

私が成人式を迎えたのは10年ちょっと前になりますが
そのとき住民票は神奈川県厚木市に移していました。
しかし成人式は実家のある茨城県つくば市で参加しました。

当時の成人式は、招待制ではなかったため
つくば市民の新成人でなくても出席できたことと、県外の大学に進学して
数年ぶりに小学・中学・高校時代の同級生に会うのが目的だったため、
気軽にスーツだけ着て、手ぶらで参加できたのを覚えています。

成人式の式典も、ほぼ立食パーティに近い形式で
市長の挨拶が1~2分あっただけで後は自由時間でした。
しかし、今年の成人式は招待制で、手荷物検査まであったらしく
10年前とはまったく違う成人式になっているようで驚いています。


個人的に高く評価したいところは、去年のトラブルにより
一部の市民から「成人式は中止すべき」との声があっても、市長が中止せず
例年通り開催したところですね。いまの世の中は無駄に規制をしすぎであり、
やれることをやって、それでも無理なら最後の手段で禁止・規制をすべきです。

禁止・規制をするのは簡単ですが、それを復活させるのはものすごく難しいです。
トップの人が後先考えずにこのような判断を下すのは将来性を
まったく考えていないため非常に危険です。

主観的ではなく客観的に判断して動ける人が
つくば市長に就任していて本当に良かったと思っています。
今度は招待制・手荷物検査を廃止して、約10年前のような気軽に
参加できる成人式に戻れることを期待します。

新成人の方は、若いうちにできることは全部チャレンジしてもらいたいですが
他人に迷惑をかけない範囲でやれるよう、さじ加減を身に着けて頑張って欲しいところです。

| 雑談・日常生活::ネットからの話題 | 23:59 | コメント(0) |
あめましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年も蒼い車輪ブログをよろしくお願いいたします。

さて今日から2018年がスタートしましたが、昨日の大晦日で1年間を振り返り
今年の目標をいくつか掲げてみたいと思います。

■効率化を進める
社会人になって、かなりの年月が経ちましたが自由な時間は
どんどん減っていくことが想定されるため「自動化できるものは自動化する」
「手間になるものは効率化を進める」ことを目標にしたいと思います。

これはどちらかと言うと、趣味よりも仕事での目標に近いのですが
いまの職場は自動化できると、かなり仕事量が圧縮できるため時間を確保するためにも
日々試行錯誤をしていきたいと思います。
(主にマクロやバッチファイル、Pythonなどの簡易的なプログラムを使いこなす感じになるかと思います)

■冒険をする
いつも目標にチャレンジ精神を忘れずにという感じで書いていましたが
今年は視点を変えて「冒険」をテーマにしていきたいと思っています。

チャレンジと冒険は何が違うのか突っ込まれそうなので、私の解釈を以下に書きます。
「チャレンジ(挑戦)」
 ⇒危険が少なく、能力と努力で不可能を可能にする。
 ⇒世間体を気にして目標を定めることがあり、本人が楽しむ要素がない場合がある。
 ⇒日常的。
「アドベンチャー(冒険)」
 ⇒危険を伴うものであっても、未知の物事に取り組み克服する。
 ⇒冒険の一連の過程・行動そのものを楽しむことができる。
 ⇒非日常的。

チャレンジと冒険の決定的な違いは、人生を左右するようなリスクが
あるかないかの違いだと思っています。

今のところ「冒険」に位置づけられる趣味はバイクですね。
バイクの旅は楽しいですが、事故が発生した場合リスクがかなり高い乗り物です。

旅先でバイクの話をすると、すぐに事故の話を持ちかけて「危ない」と
否定してくる人を時々見かけます。否定する人の意見は一理あって
反論するつもりは一切ないのですが、このリスクを背負って得るものはあって
これは否定している人には理解できないものだと思います。

また、これらの冒険は歳をとればとるほど余計に難しくなっていく可能性があるため
バイク以外の冒険ができるようにしていきたいと思っています。


今年はこの2点に集中して頑張っていきたいと思います。
目標そのものは漠然としたもので、まだ実体がない状態ではありますが
少しずつ落とし込みをして、実際の作業に反映させていきたいところです。

| 雑談・日常生活::記録・記念 | 23:59 | コメント(2) |
頑張って実りある1年
2017年は今日で終わりです。毎年恒例となりますが1年の節目になりますので、
今年印象に残った出来事をランキング形式で紹介したいと思います。


■10位 Windows10に表示される謎のスマホ・タブレット →5月18日
Windows10のパソコンから、ネットワーク(マイネットワーク)を見ると
見知らぬスマホ・タブレット端末が表示される現象に遭遇しました。

調査した結果、自宅の無線LANが自動登録機能(WPS)がONになっていたため
近隣住民がスマホ・タブレットのペアリングをWPSでやろうとすると
無線LAN親機が反応して有線LANに端末の情報を流してしまうようです。

自宅ではWPSを使わず、SSID等の設定を直接入力して接続させているため
この機能をOFFにすることで解決しました。セキュリティが低下するわけではなさそうですが
精神衛生上この機能を使わないときはOFFにすると良いと思われます。


■9位 エアーチャック導入 →5月21日
自転車やバイクのタイヤ空気圧を簡単に調節できるよう
エアーチャックを導入しました。これに合わせて自転車のバルブも
車と同じ米式バルブへ変換するアダプタを使い、適正な空気圧で走れるようにしています。

現在は1ヶ月に一度空気圧を調整して乗るようになり、とても快適に自転車とバイクが乗れています。


■8位 マットレス導入 →8月11日
7000円で買える格安マットレスを導入し、すのこベッドに載せて使っています。
半年近く使いつづけていますが、バネのへたりはなく順調です。
将来的にはairweaveを使ってみたい感じはしますが、コストパフォーマンス抜群で
簡単に元が取れそうな状況です。


■7位 モバイルバッテリーPowerCore13000導入 →3月17日
ポケモンGOのスマホゲームを遊んでいるとiPhoneのバッテリーが
あっという間になくなってしまいます。外出時の長時間プレイが楽しめるよう
モバイルバッテリーを導入しました。

iPhoneが5回くらい満充電できるため、朝に充電しておけば1日は十分使えるレベルになりました。
どれくらいバッテリーの劣化が進むかは未知数ですが、
来年・再来年も引き続き使ってみたいと思います。


■6位 すばらしいプリン@牧家 クリームブリュレ →1月23日
北海道アンテナショップで見かけたものなのですが
変わった形のプリンが売られていたため試しに買ってみた記事となります。
かなり濃厚で、プリンというよりチーズケーキやアイスを
食べているような満足感がありました。

アンテナショップでは限定販売とのことなので、常に買えないのが残念ですが
また見かけたときは買ってみたいと思う一品です。


■5位 宮ヶ瀬湖の水位が下がり、水没した町並みが見える →8月27日
神奈川県の水道は、大半が宮ヶ瀬ダムによって作られた宮ヶ瀬湖が水源となっています。
今年は雨が少ないため、貯水量が例年よりもだいぶ減り、一時期54%まで下がったことがあります。

このダムは2000年に完成した比較的新しいダムであるため、貯水量が減ると
水没した町が一部見えるということで、地元民が様子を見にくるのがブームとなりました。

私が見に行ったときは、貯水率が64%まで回復していましたが、それでも
水没した看板や道路が見えていたので、まるで時が止まった非日常感を味わえるスポットでした。

また、これだけ水位が下がっても宮ヶ瀬湖の取水制限(水道の断水)はなかったため
神奈川県の水源はかなりの余裕があることを実感できた一面もありますね。


■4位 新自作パソコン7号機作成 →4月16日
自作パソコンは7年間使っていたのですが、エンコード等でCPU処理性能が
物足りなく感じていたことと、RAID1によるデータ二重化を取り入れたかったため
久しぶりの自作パソコン制作になりました。

いつも自作パソコンは予算8~10万円程度なのですが、7~10年間使い続けることを
想定し過去最高の予算18万円に引き上げ、かなりのハイスペックモデルになりました。
VGAカードを載せ替えれば、いつでもゲーミングPCに化けることができる性能です。

安心して長時間使い続けられる自作パソコンを手に入れました。


■3位 メインHDDの想定外な故障発生・RAIDケース導入 →1月29日 →1月29日
今年1月に突然メインHDDが故障し、データを一切救出できないトラブルが発生しました。
通常ハードディスクの故障は、ディスクが徐々に読めなくなる壊れ方をするのが普通なのですが
設計が悪かったり、使用環境に問題があるとヘッドが壊れたり、制御基板が壊れたりして
一切データが読み書きできなくなることがあります。今回はヘッドが突然死を起こしたようです。

いままでHDD故障は2回経験しているのですが、どれも予兆があり
不良セクタが徐々に増えて読み書きができなくなるという壊れ方だったため
突然死のパターンに驚いてしまいました。

幸いにも重要なデータはオンラインストレージに入れていたことと、
突然死HDDの一世代前に使っていた5年前のHDD(不良セクタ有)から、
当時のデータが取り出せたため80%のデータは取り戻すことができました。

今後は故障したら困るHDDやSSDはすべてRAID1によるミラーリングを行うことにして
突然死が起きても冷静にデータ救出作業ができる体制にしていきたいと思います。


■2位 鳥取ツーリング →11月27日
ポケモンGOのイベントが鳥取砂丘で開催されることと、鳥取に住んでいる
知人に合うため、急遽鳥取までツーリングへ行くことになりました。

連休と有給休暇を使い長期休暇でないのに4泊5日の旅ができたことと、
初めて冬の長距離ツーリングが成功したという収穫がある素晴らしい旅でした。

また、この時期はタイミングよくカニが採れる時期であるためカニ丼や
親ガニの味噌汁を味わえたこと、また倉吉市にたくさんある牛骨ラーメンの店を
散策できたことが良い思い出になりました。


■1位 北海道ツーリング2017襟裳岬編 →7月20日
今年の夏は北海道へ行ってきました。
北海道のツーリングは今回が3回目となりますが、行ったことのない
襟裳岬へ行くのがメインの目的です。しかしながら襟裳岬は寒く
霧が発生していたため景色を見ることができませんでした。
時期を変えて再チャレンジしてみたいところですね。

他には苫小牧にあるノーザンホースパークへ行ってきて乗馬体験をしてきました。
馬に乗るのは今回が初めてですが良い経験ができたと思っています。



こんな感じで2017年は無事に終わりました。
今年からブログ不定期更新になったため、かなり記事は減りましたが
印象に残る記事の質は昨年と遜色ないかと思います。

今年を振り返ると、ハードディスクの突然死トラブル以外は
どれも収穫ばかりで良い一年と言えるかと思います。
来年も、いい経験が積める一年にしていきたいですね。

蒼い車輪ブログをご覧いただきありがとうございました。
2018年もよろしくお願いいたします。

| 雑談・日常生活::記録・記念 | 23:59 | コメント(0) |
癖になる味@ラーメン幸雅
前回に引き続き、鳥取ツーリングで寄った
ラーメン屋さんを紹介したいと思います。

倉吉市には牛骨ラーメンを扱う店がたくさんありますが
香味徳以外に気になる店がありました。

ラーメン幸雅
「ラーメン幸雅(こうが)」です。ホテルや駅から比較的近く、
観光客でも気軽に寄れる場所にあります。
11時~21時まで営業しているため、昼の部・夜の部には別れていないようです。

メニュー
こちらの店では、牛骨ラーメンを「なつ旨ラーメン」という名前で出しているようです。
夕食時に来店しましたが、まわりの客(地元民と思われる客)は、ほとんどが
なつ旨ラーメンを注文していました。

なつ旨ラーメン(580円)
なつ旨ラーメン(580円)です。
前回紹介した香味徳より麺が太めで食べ応えがありますね。
豚骨と違って牛骨ラーメンはあっさり醤油なので、健康には
かなり良いラーメンかと思います。

今回は旅の日程上、牛骨ラーメン屋さんは2軒までしか廻れませんでしたが
どちらもリーズナブルで満足度は高いです。また、そこまで混雑しないこともあるせいか
前払いの食券制を採用している店はありませんでした。(すべて後払い)

のどかな雰囲気で食べる、あっさり味のラーメンは何度も行ってみたくなりますね。

| 食べ物レビュー::ラーメン・中華料理 | 22:59 | コメント(0) |
何度も食べたくなるあっさり味@牛骨ラーメン 香味徳
11月に鳥取ツーリングへ行ったときに寄った
ラーメン屋さんを紹介したいと思います。

店舗入口
鳥取県倉吉市にある「香味徳(かみとく)」です。
鳥取県の中部には牛骨ラーメンと呼ばれる、豚骨ではなく
牛骨で出汁をとった醤油ラーメンが盛んです。

香味徳
牛骨ラーメン屋さんはたくさんありますが、その中でもカップラーメンへ
商品化がされた店があり、過去に食べたことがあったため香味徳の本物の味が
どんなものか知りたかったため、ここに来店することにしました。

香味徳は何店舗かあり、鳥取県内に3店舗(由良店、赤崎本店、倉吉店)、
東京都に1店舗(銀座店)、アメリカに1店舗(ハワイ店)あるようです。
詳しい組織体制は分かりませんが、おそらく暖簾分けに近いものかと思われます。

ちなみに倉吉店の営業時間は以下の通りです。(2017年11月現在)
【昼】11時30分~14時30分(ラストオーダー)
【夜】17時30分~20時30分(ラストオーダー)
【定休日】 水曜日

香味徳 倉吉店のメニュー
香味徳のメニューです。ラーメンと書かれているものが牛骨ラーメンになります。
リーズナブルな価格で牛骨ラーメンが食べられるようですね。

ラーメン(普通盛と大盛)
左がラーメンの並盛(550円)、右が大盛(650円)です。
今回は鳥取市内に住んでいる知人リクトさんと同行しているため
並盛と大盛の比較ができました。どんぶりが違うものになるようですね。

見た目は醤油ラーメンに見えますが、牛骨の味なので
まるで仙台で牛タンを食べに来たかのような味わいですが
この組合わせはアリだと思っています。
あっさり系スープで、毎日食べることができるラーメンです。

牛骨ラーメンは50年以上続いているもの
よく地方では、町おこしのネタとしてご当地グルメをわざわざ作って
観光客へPRしているところもありますが、牛骨ラーメンはかなり昔から存在していて
50年以上も前からあるようです。昔から歴史のあるラーメンですので
ぜひ鳥取県へ観光にきたときは牛骨ラーメンを一度食べてみることをお勧めします。

| 食べ物レビュー::ラーメン・中華料理 | 23:59 | コメント(0) |
海からの景色も楽しめるツーリング@鳥取ツーリング2017
バイクツーリングはいつも季節を春・夏・秋に限定しているのですが
積雪や凍結しない範囲で、冬のツーリングが楽しめないのか気になることと
ポケモンGOイベント開催、そして知り合いに会いに行くために
ツーリングに行ってきました。

■目的地
 鳥取
■旅行期間
 2017/11/22(水)~2017/11/26(日) 4泊5日
■主な走行ルート
 圏央道→東名道→新東名→伊勢湾岸道→新名神→中国道→鳥取道
■走行距離/運転時間
 往復1600km(推定32時間)
■ガソリン料金
  約12000円(8回給油/計90L)

初日は午前中まで仕事をして、午後から出発し三重県亀山市まで移動。
本格的な観光は2日目からとなります。

とっとり賀露かにっこ館
2日目は鳥取県鳥取市まで行き、とっとり賀露かにっこ館と青山剛昌ふるさと館を観光します。
とっとり賀露かにっこ館とは、無料で見学できるカニ専門の水族館です。

130万円のカニ
カニの展示はいろいろあったのですが、130万円の価値がある
松葉ガニが展示されていました。こんな珍しいものが入館料無料で
展示されているのは凄いですね。他にも大きなサイズのカニや
ツメが3本以上あるカニなど、ユニークなものを見学することができました。

青山剛昌ふるさと館
鳥取県北栄町では、名探偵コナン作者の故郷であるため
「青山剛昌ふるさと館」という博物館があります。

展示スペース
こちらには作者の生い立ちや、名探偵コナンを描いている仕事場の再現、
原画や海外版コミックなど、いままで知らなかった情報満載でした。
※原画は近接撮影禁止なので、このような遠景のみの撮影となります。

鳥取砂丘
3日目は鳥取砂丘を観光してきました。写真のラクダは観光用のようですね。
鳥取砂丘の目的は、観光というよりはポケモンGOのイベント会場であり
この地域だけレアポケモンが出現するようになっています。

イベント期間中の砂丘
平日の朝なので、駐車場は満車であるもののまだ空いている方でした。
翌日(4日目)も行く予定でしたが、休日は大渋滞で動けず鳥取県東部全域で
レアポケモンが出るように変更されたようです。

砂の美術館
また鳥取砂丘の近くにある、砂の美術館にも行ってきました。
こちらは砂を水で固めるだけで作った、砂像と呼ばれるものが展示されています。
写真り通り、想像を超える完成度と規模の大きさに驚きました。
屋内展示であるため天気が悪くても問題なく観光できるため
鳥取砂丘とセットで観光してほしいスポットです。

なしっこ館
4日目は鳥取県倉吉市にある、鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館へ
行ってきました。こちらは梨専門の博物館で、世界中にある梨の品種の説明から
栽培方法、出荷時の規格など、かなり細かく勉強になる情報が紹介されていました。

梨の種類は想像以上
梨の種類は想像以上にありますね。また、梨の試食コーナーもあり
品種改良によって、味にだいぶ違いがあることを実感できるようになっていました。

わらべ館
最終日の5日目は観光地を追加して、鳥取市にある
わらべ館に行ってきました。鳥取市は唱歌ふるさとの作曲者の出身地ということもあり
ここは童謡やおもちゃを展示する博物館となっています。

5日間の旅でしたが、意外なことに路面凍結と積雪さえなければ
問題なくツーリングできることが分かりました。
もともと冬でも実家帰省のときはバイクで高速道路を走るため、
冬用のジャケット類は持っていたため口元にくる冷気以外は特に寒くはなかったですね。

車載動画も録画はしていますが、去年夏の九州ツーリング、
今年夏の北海道ツーリングがまだ未完成であるため動画制作は
1年後くらいになるかと思います。忘れた頃のアップロードになりますが
気長に待って頂けたら嬉しいです。

ラーメン屋さんの訪問記録などは、別の記事で紹介したいと思います。

| 車/バイク関係::ドライブ/ツーリングの記録 | 23:59 | コメント(0) |
このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   04 - 2019   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox