実際に研究@JOY CROSSO分析採点II試してみた
JOY CROSSOで新しい採点機能「分析採点II」がついた
という話を友人から聞いたので、早速カラオケに行ってきました。

普段はPremierDAMしか使っていませんので、
JOY CROSSOで歌うのは、まだ2回目です。

名前から見て分かるとおり、DAMの精密採点IIに
対抗して作った採点機能のようですね。


最初に、DAMの精密採点IIと比較しながら
分析採点II(JOY)の感想をまとめてみました。

■まとめ(◎、○は長所 △、×は短所)

◎分析採点スタート時に採点要素の解説(?)がある
 しゃくり、ビブラートがどういうものか最初にアニメーションで表示されます。
 しゃくりとは?
 あまりカラオケに行かない人だと、こういう解説は助かりますね。

○わずかな音程ズレ、発声のブレがリアルタイムに反映される
 マイクからの声が、カラオケ本体に認識されているか一目で分かります。
 精密採点IIだと音程バー表示の閾値が大きいので、半音ズレても表示は変わりません。
 分析採点IIだと、わずかなズレを認識しますし、声量がないと判定されません。

△しゃくり、ビブラートの認識が遅い
 精密採点IIでは、すぐに判定されますけど
 分析採点では、2秒~5秒くらいしないと認識されません。

×背景の映像が固定
 汎用ムービー、専用ムービーに関係なく
 分析採点専用の映像(インジケータが動くだけのCG)が表示されます。
 どういうわけか歌詞テロップも小さく表示されます。

×キー変更、テンポ変更できない
 分析採点IIの致命的な欠点です。キー変更できないため
 原曲キーで歌いたいときは、演奏停止して曲リクエストを
 やり直さなければいけません。


いつも使っているPremierDAM精密採点IIと比べると、
作り込みの甘さが気になります。

最低でも、背景固定映像とキー変更、テンポ変更は改善しないと
使い勝手の悪い採点機能になってしまいます。
できるだけ早く改良して欲しいですね。



キョクナビから採点機能を選ぶ
キョクナビから分析採点IIを選んでみました。
「演出あり」「演出なし」の2パターンあるようです。
演出ありだと、精密採点IIみたいに音程バーがリアルタイムに出ます。
演出なしだと、リザルト画面だけ出るようです。

しゃくり
しゃくりが判定されると、このような矢印アイコンがつきます。

ビブラート
ビブラートだと、波線アイコンが表示されます。

最初の最高点
今日の分析採点IIを使ってみたときの最高点はこちらです。
やはり、JOY WAVEの分析採点と比べても採点が音程重視になっているようですね。
精密採点IIだと高評価になる歌い方をしても、JOYの採点だと点数に変化はありません。

DAMの精密採点シリーズは、曲よりタイミングを遅めに歌っても
減点されませんけど、JOYの採点では、リズムにあわせて
歌わないと減点されてしまいます。


PremierDAMに慣れているせいか、やっぱり精密採点IIの方がいいと思いました。

それでも、分析採点IIはJOYの採点傾向を研究するには
最適な採点モードなので、改良して使いやすくして欲しいですね。

| カラオケ::JOY | 21:09 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   09 - 2014   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
コミュニケーション一覧
↑登録歓迎です。ご自由にどうぞ
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox