無限の可能性を秘めた音
今でも立川シネマシティに行き、極上爆音上映の
劇場版ガールズ&パンツァーを観に行っているのですが、
他の映画館で新たな上映スタイルが始まったようです。

LIVE ZOUND
神奈川県川崎市にある川崎チネチッタという映画館では
LIVE ZOUND(ライヴ ザウンド)という上映があります。

劇場内
音響設備を通常よりも良い物を使い、重低音から囁き声まで
再現するものです。ライブサウンドを超えるという意味で
LIVE ZOUNDと名付けているようです。
ラインアレイスピーカーもぶら下げていて、スペックは
ライブ会場といい勝負ができますね。

LIVE ZOUND上映のガルパンを見てきましたが低音は立川シネマシティと
ほぼ同じですが、中音域・高音域は圧倒的な爆音で驚きました。

また、鳥やセミの鳴き声、川の流れる音、草木のざわめき等の環境音は
いままで視聴した上映のなかではトップクラスの表現力でした。
自分が映画の世界に入りこんだような臨場感がありますね。

ただ、立川シネマシティのような心地よい鳴り方ではなく
大音量が常に降り注ぐ感じなので、10分くらいで耳や頭が
かなり疲れてしまいます。常用はオススメできない爆音です。

しかし、これ以上の爆音はないと言える映画上映でしたので
ガルパンを何度も観ている方は、一度試してみる価値はあると思います。
(川崎チネチッタでは10/28までの期間限定上映です)

Twitterで書きましたが、音量の違いを数値で表すと以下のとおりです。
全体的な音量(立川シネマシティのガルパン上映を100の基準)で比較すると
・普通の映画館→60
・立川bスタ極爆→90
・立川aスタ極爆→100(9月以前)
・立川aスタ極爆→110(10月以降)
・LIVE ZOUND→140
というくらいの差は感じました。

※この数字は聴き比べによる主観的な目安に過ぎません。
※測定した数値ではないので単位(dB等)はありません。

自宅では極上爆音のような音は鳴らせませんので
映画館ならではのサービスになりそうですね。

| 雑談・日常生活::普通の日記 | 23:59 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   09 - 2019   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox