きっちりハイスペック@自作 焼肉排気ダクト
前回に引き続き、七輪を使ってみたレポートです。

七輪を使った炭火焼きは楽しいのですが、キッチンの
換気扇だとにおいが1週間くらい残ってしまうのと、
もう少し排気能力が欲しかったので、自作の排気ダクトを作ることにしました。

コンセプトとしては、
・換気性能の高さを最優先
・騒音は静かな方がよい
・キャスター付きで運びやすくする
という感じで考えてみました。

一番の問題は換気扇ですね。
ネットで自作焼肉ダクトや自作塗装ブースなどの記事を探してみると
プロペラのファンや、トイレ・風呂場用のシロッコファンを使ったもの
ダクトの途中に取り付けるダクトファンを使ったもの等がありました。

換気性能を求めると選択肢がシロッコファン、ターボファンになるのですが
ファン単品だと数万円という価格になってしまいます。
いろいろ調べた結果、安上がりで一番換気性能のいいものは
キッチンで使われるターボファン(浅型レンジフード)という結論に至りました。

パナソニック製FY-60HF4
ターボファン最安はパナソニック製FY-60HF4です。
1万6000円になりますが、換気性能は230㎥/h~650㎥/hと
なっていて、排気性能はかなりの余裕があります。
(自宅据え付けの換気扇は510㎥/hなので更に性能がアップ)

換気扇さえ揃えば、あとは身近にあるものを組み合わせて
即席で自作の換気システムを作ってみます。

自作排気ダクト構成
小中学生の図工レベルになりますが、自作排気ダクトは
サビが出て使わなくなったメタルラックに換気扇を乗せる形になります。
ターボファンは長方形のダクトで排気されますが、専用の
角丸アダプタ(FY-AC601)を取り付けて直径15cmのダクトに
変換して、窓から外に排気させます。
ダクトはアルミテープを使って、隙間のないようにしっかり巻いておきます。

また、空気の流れをしっかり作り煙を残さず吸い出すために
メタルラックはレンジパネルをアルミテープで取り付けました。

焼き鳥
自作排気ダクトを使って七輪で焼き鳥を作ってみましたが
ターボファンを使ったおかげで圧倒的な換気性能が出ています。
FY-60HF4は扇風機のように弱・中・強があるのですが
素焼きであれば中で十分で、煙の出るものでも強であれば
余裕をもって排気できます。

焼肉店よりも換気性能があって、部屋ににおいはまったく残りません。
簡易的な自作排気ダクトですが効果は想像以上です。

※ターボファンをまわすときは、必ず吸気できるよう
 風上側の部屋の窓を少しあけてください。

これで風が吹いている夜間であれば、安心して七輪が使えます。
炭火焼きでおいしいものを作っていきたいですね。

| 買い物・導入レビュー::趣味 | 23:59 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   08 - 2022   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox