すんなり聞こえるのは16000Hzまで
5年前のブログ記事で、自分の耳がどれだけ高い音が
聞き取れるかテストしたことがあります。

テストしたのは2008年1月21日の記事です。

可聴周波数域チェッカというソフトを使ってパソコンから
聞こえてくる音の回数を確認して、どの周波数まで聞き取れるかテストができます。

成人を迎えると、少しずつ高い周波数の音が聞こえなくなるようです。
5年前の結果をもとに、現在はどれだけ変化があるか調べてみました。

可聴周波数域チェッカ
21歳当時は18600Hz(18.6kHz)まで聞こえましたが
26歳の現在は17250Hz(17.3kHz)が限界でした。

余裕で聞き取れるのは16000Hzまでですね。
16500Hz以降は、よく耳を傾けないと気が付かないと思います。

テストで使ったスピーカーやアンプは当時とまったく同じものを使っています。
この5年間で聞こえる高音域は1350Hz下がったことになります。

一般的に20代だと16000Hz、30代は15000Hz、40代は14000Hzが限界の周波数の
目安だそうです。1年で100Hzずつ劣っていく感じなのでしょうか。

とは言っても、日常生活を送るなら10000Hzまで聞こえれば
音楽鑑賞や会話で困ることはないので、難聴でもない限り
結果が悪くても気にすることはないと思います。


この聴力測定は、今後も定期的にやってみたいですね。

| 雑談・日常生活::適当な話題 | 15:37 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   05 - 2022   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox