いい商品は限られている
今日はこちらの記事を紹介します。

なぜ「金ちゃんヌードル」は西日本でしか販売されていないのか - デイリーポータルZ

西日本限定で売られているカップラーメン「金ちゃんヌードル」があります。
他社のカップラーメンと違うのは、麺にコシがありボリュームもあること
味付けが他社よりも薄めになっていて、自然に食べられる
優しい味であることが特徴です。

祖母の家が四国にあるので、現地のスーパーでしか見ることがなかったのですが
東日本ではドンキホーテで取り扱っていることが分かり、
たまに近所のスーパーでも期間限定で売られているので
今は神奈川県の自宅でも普通に食べるようになりました。

紹介した記事では、金ちゃんヌードル誕生の経緯や
西日本でしか取り扱わない理由をまとめています。

徳島製粉という小麦粉を製造するメーカが、業績不振になったときに
カップラーメン事業を初めたのが起源なのだそうです。

あと「金ちゃんヌードル」の意味も知らなかったのですが、
カップラーメンに描かれている鶴のマーク「金鶴」が由来で
もともと小麦粉のブランドとして使われていた名前のようです。

カップラーメン事業を始めたときは、そのまま「キンツルラーメン」
という名前でしたが何度か名前を変更して現在の
「金ちゃんヌードル」になったそうです。

基本的に西日本しか売られていない理由としては、
単純に営業所が西日本にしかないからだそうです。
薄味のカップ麺は種類が少ないので、東日本に進出しても
十分頑張っていけると思いますが・・・。

しかし、記事をよく読むと営業所は、名古屋・静岡・広島・富山の
4箇所にあるようですが営業担当は3人しかいないそうです。
この人数で西日本をカバーするのは驚異的ですね。


金ちゃんヌードルに最も近い全国販売のカップ麺は
ペヤング焼きそばだと思っています。
(麺のボリューム感と、他社より控えめであっさりした味付け)
ペヤングが好きな方は、金ちゃんヌードルも違和感なく
受け入れられると思います。

東日本では滅多に見かけない商品ですが、
機会があれば一度味わってみるといいと思います。

| 雑談・日常生活::ネットからの話題 | 23:59 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   05 - 2024   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.380785秒
  • BlognPlus 2.6.1
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん(公開終了)
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥(公開終了)
画像Plugin:Slimbox