ドタバタせずHDDマウンタの冷却ファン取り替え
私のメインPCには、データ用HDDが電源を入れたまま交換できるように
二代目 技あり!楽ラック(CWRS2-BK)というHDDマウンタを2台内蔵しています。

今はUSB3.0が登場していますけど、普及しているUSB2.0だと
データ転送が遅いので、ホットプラグ対応のSATA接続で
HDDが簡単に交換できるようにしています。

冷却ファンだけ故障
最近になって、このHDDマウンタの冷却ファンからガタガタと
異音が聞こえます。軸ブレのようなので、ファンの寿命みたいですね。

HDDマウンタは購入して2年足らずですが、USB3.0が普及するまで
使い続けるので、ファンだけ交換してみました。

4cmファン(10mm厚)なら、好きなものに交換できます
HDDマウンタには、10mm厚の4cmファン(DC12V入力)が使われています。
この条件を満たす冷却ファンなら、なんでも好きなものが取り付けられます。

近所のパソコンショップで売られていた4cmファン(10.5mm厚)を買ってみました。

メイン基盤を外せばファンも外せる
HDDマウンタを適当に分解してみます。
CWRS2-BKの製品だとSATAや電源が刺さるメイン基盤を
先に外しておかないと、冷却ファンを外すのは難しいですね。

また、ファン固定部分は10mm厚を超えるファンは取り付けられません。
今回は10.5mm厚なので、ちょっと無理して押し込んだら取り付けられました。
これ以上厚みのある冷却ファンは取り付けられないですね。

交換作業は10分くらいで終了しました。
購入したときよりもファンの音が格段に静かになりました。

ちょっとしたメンテナンス作業ですが、効果は抜群ですね。

| パソコン関係::自作パソコン・自宅サーバ | 20:59 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   03 - 2024   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.361944秒
  • BlognPlus 2.6.1
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん(公開終了)
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥(公開終了)
画像Plugin:Slimbox