落雷ではなく爆発@米軍 相模総合補給廠の火災
今日はこちらの記事を紹介します。

米陸軍補給廠の危険物倉庫で爆発、6時間後鎮火 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

相模原市には在日アメリカ陸軍の倉庫
「相模総合補給廠(ほきゅうしょう)」があります。
普段は一般人の立ち入りはできませんが、さがみはらフェスタ開催の
ときは会場としても使われている場所です。

この補給廠にて、深夜0時45分頃に火災が発生しました。
火災では爆発音も聞こえ、周辺住民は驚いて様子を見に行く人もいたほどです。
まだ出火原因は公表されていないようですが、倉庫1棟が全焼して翌朝に鎮火しています。

実は自宅から比較的近いところに、この補給廠があるため
火災の爆発音は自宅からも聞こえていました。

0時45分頃に、いきなり「ドン・・・ドドドン」という音が聞こえたので
最初は落雷かと思い、雨雲レーダーを見てみると
雨雲はまったくなく不審に思っていました。
まもなく次々と爆発音が聞こえてきて、異変を察知しました。

爆発音は花火に近い感じではあるものの、ドラム缶を叩くような金属音もあり
今までに聞いたことのないタイプの音だったのが印象に残っています。

そのあとは、パトカーや消防車のサイレン、ヘリコプターの音が聞こえ
翌朝はNHKニュースのトップに報道されていました。


自宅から補給廠までは、ある程度距離があるため、爆発音の大きさは
窓が震えるほどの音ではありませんでした。また自宅は風上に位置していたので
煙などの影響もありませんでした。翌日の通勤も支障ありません。

個人的に気になるのは、出火原因がどのようになっているかです。
もともと、出火の約6時間前に相模原市内は雨が降っていたので
火事は起こりにくい環境だったと思います。
それなのに、なぜ火災が深夜に起きたのか不可解です。

相模原市や政府は米軍に対して、原意究明・再発防止策の要請をしているようです。

私も相模原市民の一人として、この件は重大な事故だと捉えています。
テロとの関係はないのか、管理体制に問題点はなかったのかも含め
原因の調査報告を外部発表して、周辺住民を安心させて欲しいです。
米軍から納得できる回答を望みます。
| 雑談・日常生活::普通の日記 | 16:07 | コメント(0) |
■コメント
■コメントを投稿する




このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2019   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox