アスペクト固定
液晶ディスプレイを導入して3日目。基本的な設定や調整が終わりました。

フルスクリーンで見る動画やゲームの映像は縦横比が4:3となっているのが基本です。
しかし、SXGAサイズ(1280*1024)では画面の縦横比(アスペクト比)が5:4になるため
そのままでは少し縦長に伸びた画像・映像になってしまいます。

その問題を解決するのがアスペクト固定機能。
10日前にGeForce4 Ti4200のビデオカードを導入したのも、これが目的です。

実は、GeForceシリーズのビデオカードではドライバの設定で
アスペクト比を固定する機能が入っています。

ドライバのバージョンによって設定項目の名前が多少違う場合がありますが
基本的には同じです。デフォルトでは「ディスプレイアダプタの
スケーリングを使用する」という設定になっていますので
「固定された縦横比のスケーリングを使用する」という設定に変更するだけです。


アスペクト固定モードになると、4:3比率フルスクリーン画面の
時に上下に30ピクセル分の黒帯が入るようになります。
ちょうど黄色い矢印で示した部分です。

アスペクト固定時のフルスクリーンでは実質1280*960というサイズになります。
640*480ピクセルで動いているゲームは、ちょうど画像を2倍に拡大するので
ぼやけが少なく、かなり綺麗な画面で遊べるようになります。

19インチ画面に慣れると、15インチの画面がもの凄く小さく感じますね。
もう大画面ディスプレイは手放せません(^^;


| パソコン関係 | 21:57 | コメント(x) |
このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox