歌は新機種で@LIVE DAM STADIUMと精密採点DX-Gレビュー
先月の4月からカラオケの新機種が登場したようです。
近所のカラオケボックスで導入されたとの情報を頂いたので
早速使ってみることにしました。

LIVE DAM STADIUM
第一興商の最新機種LIVE DAM STADIUMです。
前機種がLIVE DAMなので、名前から見ると前機種を
改良させたモデルというのが想像できますね。

しかし、名前に反してカラオケ本体の筐体はデザインが一新され
タブレットのような大画面に変更されています。

演奏中の本体操作
演奏中の本体操作でも、画面に流れる映像が
出るようになったのは便利になりましたね。

個人的にはPremier DAMやLIVE DAMと比べると
タブレットに収めることを意識しているせいか、筐体設計は
かなりデザインを犠牲にして詰め込んでいる感じがします。
今作の機種だと、グッドデザイン賞の受賞は難しいかもしれません。

選曲方法など本体操作の仕様としてはLIVE DAMとほとんど変わりません。
音源もLIVE DAM、Premier DAMとまったく違いはありませんでした。
また、背景に流れる映像もLIVE DAMと変更はないように見えます。
歌詞テロップのフォントも同じように見えました。


私はカラオケの採点機能をよく使っているのですが、新機種では
精密採点DX-Gということで、少し仕様が変更されているようです。

演奏中の採点画面
精密採点DX-Gからは、従来の採点と比べて
「しゃくり」「こぶし」「フォール」「ビブラート」の回数を
リアルタイムに表示する機能が追加されました。

「しゃくり」「こぶし」「フォール」については数回カウントされていると
点数がわずかに上がるので、表示機能は参考になります。

ただし、ビブラートについては回数ではなく、1秒以上あって
波形がどれだけ綺麗かによって点数が変わるので
このカウントはあまり意味が無いように見えます。

また音程バーを外すと、いままでは暗い色で表示されてましたが
今作は赤色で非常に目立ちます。ヒトカラには最適ですが
友人と歌うには、ちょっと余計に感じるかもしれません。


リザルト画面
精密採点DX-Gの結果画面です。前作と同じで2画面に分かれて表示されます。
1画面目は前作と表示内容はあまり変わりませんが、ボーナス点数という
新しい仕組みが導入されています。どうやら採点ロジックは前作と同じらしく
ボーナス点数によって、1点~3点ほど高くなる模様です。

あと、レーダーチャートが枠しか表示されず、2つのグラフが
全国平均と、自分が出した値がどっちなのか分からなくなります。
赤い枠線は全国平均のようなので、青いグラフは
薄く塗りつぶして表示して欲しいところです。

リザルト画面その2
結果画面の2ページ目です。前作と違うのは
表現力の採点が折れ線グラフで詳しく表示されるようになりました。
ほとんどは抑揚だと思いますが、「しゃくり」「こぶし」「フォール」も
ここに含まれるものと考えられます。


基本的に採点については精密採点DXと変わりませんね。
気になるのはボーナス点数の仕様です。

精密採点DX-Gボーナス点数
今のところボーナス点数で一番高いのは2点です。
ほとんどの曲は1.1~1.7点くらいのものが多かったです。

ボーナス点数のロジックは不明
ビブラートボーナス点数が2点だったときは、ビブラート評価が★4.5でした。

ボーナス点数は「音程」「表現力」「ビブラート」から出されるようなので
おそらく3点のパラメータのうち、一番良い値を選び
その値が全国平均よりどれだけ高いか(偏差値?)によって
点数が付けられているのでは?と勝手な予測をしています。

予測の範疇なので、いろいろな採点結果をもとに分析しないと
はっきりした傾向は分かりませんね。


全体を通して、LIVE DAMとほとんど変わらず
マイナーチェンジモデルと言える新機種だと思います。
採点画面が終わったあとの画面切り替えが遅いなど
まだ安定していないようなので、今後のアップデートで
煮詰めていって欲しいですね。

個人的には、「しゃくり」「こぶし」「フォール」のカウント表示よりも
リアルタイムに表現力を表示してくれる機能があったら
楽しくなるのではと思いました。

なるべくカラオケは新機種で歌ってみて、気になる点あれば
随時紹介していこうと思います。今後も良い製品を世に出して欲しいですね。

| カラオケ::DAM | 23:59 | コメント(0) |
歌の採点は精密採点DXで
今日はこちらのサイトを紹介します。

[限定無料配布]最強カラオケLIVE DAM徹底攻略
第一興商のウェブサイトでLIVE DAMの攻略方法が紹介されています。
公式サイトで、こういうカラオケの攻略が紹介されるのは珍しいですね。

個人的に気になったのはNo.2にある『精密採点DXの秘密を探れ!』です。
あまりDAMの採点に詳しくない方でも、パラメータがどういう意味なのか
専門用語を解説しているので便利です。

精密採点DXはよく使っているので、だいたいの攻略方法は
把握してたつもりですが、いくつか知らないところがありました。

■ビブラートは必要なところだけかける
 ビブラートは1秒以上あれば評価されるようになりますが
 あまり長すぎても良くないようです。

 私の場合ビブラートは5~30秒くらいの範囲で使っています。
 確かに60秒以上かけても点数はあまり変わらなかった気がします。

■音程バーの★マークは音程の評価のみ
 音程をなぞるように★マークが流れていくアニメーションがありますが
 あれは色によって音程の正確さを表示しているようです。
 最初の頃は、総合的な評価を表しているのかと思ってました。


公式サイトでこういう説明があるのは嬉しいですが、
もう一歩詳しい解説も欲しかったですね。

個人的に精密採点DXで知りたいことは以下の2つです。

・声域に×マークがついていると採点に影響が出るのか?
・音程の★表示の色は4段階あるが、それぞれの色は音程何%を指すのか?

最近は精密採点DXの記録更新がなく、最高点数は97点となってます。
当面の間は、安定して歌える曲のラインナップを増やしたいところです。

| カラオケ::DAM | 12:47 | コメント(2) |
楽に歌った方が高得点が出やすい
久しぶりにコートダジュールに行ってカラオケの練習をしてきました。
ここ最近は、精密採点DXの音程や抑揚が下がり気味だったので
原因を調べてました。

PremierDAMの頃は、抑揚は音の大小だけで良かったのですけど
LIVE DAMの精密採点DXだと、マイクを近づけたり遠ざけたりする方法の
抑揚は判定されないようになっています。
はっきり日本語を話す感じで歌うと、抑揚の判定は高くなりますね。

今のところの最高記録
アイドルマスターの曲「フタリの記憶」で97.768点が出ました。
精密採点DXでは、今のところ最高記録更新の点数となりました。
高得点を出すつもりはなく、休憩がてらに選んだ曲だったので予想外の結果です。

高得点に繋がったと思われるパラメータはない?
97点は滅多に出ない点数ですけど、今までこの点数が出るときは
何かしら採点パラメータで評価が高いものがありました。

しかし今回は、特に高い評価のパラメータは見あたりません。
ちなみに安定性は91/100という評価です。音程89%でも97点が出るんですね。
若干しゃくりの回数が多いですけど、そこまで採点に影響するものではないはずです。

いつも歌っていると出てくるようなパラメータなのに、
点数だけやたら高くなるのは不思議です。

採点結果には表示されないパラメータがあるかもしれませんね。
まだまだ精密採点DXは研究を続ける必要がありそうです。

| カラオケ::DAM | 23:59 | コメント(0) |
ちょっと変わった分析レポート@精密採点DXのデュエット
昨日は、大学時代の友人とカラオケに行ってきました。
大学院に残った友人も、今月から新社会人です。
入社して2週間たつと思うので、カラオケと飲み会に誘ってみました。

カラオケは横浜のビッグエコーでLIVE DAMを使ってました。
いつも通り精密採点DXを使ってカラオケを楽しんでいましたが、
最後の曲は、友人と一緒に歌ってみました。

デュエット検出可能
Shining Tearsを2人で歌ってみたら精密採点DXのレポートが変わってました。
「お二人とも安定感がありハモリも抜群でした」というコメントです。
マイク入力が別々だと、ちゃんと2人で歌っていることが判定されるようです。

CROSSOの分析採点IIみたいに、音程バーも2人分それぞれ表示できれば良いのですが
精密採点DXは1人分(2人の音程を足して割った表示?)のままです。
ぜひ精密採点DXにも、バージョンアップで2人分の音程バー表示機能を
つけて欲しいですね。

以前と比べて、精密採点DXの分析レポートの文章パターンが増えた気がします。
ちょくちょくバージョンアップで仕様が変わっているようです。

| カラオケ::DAM | 20:15 | コメント(0) |
来客は同級生@久々のプレミアダム
土日は大学時代の友人が相模原に遊びに来てくれました。
自宅で動画鑑賞やゲームと、近所のカラオケに行くという感じで遊んでいましたよ。

カラオケは昼のフリータイムで歌っていましたが
相模原のビッグエコーだと、LIVE DAMは1台くらいしかないみたいです。
久しぶりにPremierDAMを使ってみました。

普通の曲では最高新記録
精密採点IIにて、星想夜曲を歌ったら97点が出ました。
5分以上の曲で97点は最高記録更新ですね。
音程98%に、ビブラート評価が満点という結果に驚いてしまいましたよ。

理想的なパラメーター
ありがとう(ToHeart2エンディング曲)では、95点を記録。
こちらはビブラートが30秒というのが点数アップに繋がったと思います。

写真にはありませんが、ネタで螢の光を歌ったら
音程100%の99点が出ました。君が代以外でも短い曲なら高得点が狙えますね。


カラオケは、いつも以上に調子が良かったです。
95点を出すのが難しい精密採点IIで、3曲も95点以上が出るとは思ってもいませんでした。

2ヶ月ぶりに精密採点IIを使いましたが、音程の判定は
精密採点DXよりも易しいですね。

基本的にカラオケではLIVE DAMをメインに使ってますが、
たまにはPremierDAMを使ってみるのも良さそうです。

| カラオケ::DAM | 19:03 | コメント(0) |
カラオケの調子が良い日
ちょっと前にコートダジュールでカラオケの練習をしていたら
普段より、やたら高得点が出ていました。
カラオケは、いつも通りLIVE DAMの精密採点DXです。

現在の最高記録
とらドラ!ED曲のオレンジで97.472点が出ました。
今のところ精密採点DXの最高新記録です。
いつもカラオケの締めで歌う星想夜曲よりも高い点が出てビックリです。

声の安定性が高い模様
普段の採点パラメータと比べると、声の安定性が高いですね。
メモリは満点ですが、実際は94/100の評価です。
あと、ビブラートが27秒というのも大きいかもしれません。



そういえば、今月から新しい冬アニメが放送されてますね。
新番組の中でカラオケで歌ってみたい曲を紹介してみます。


夢喰いメリー ED曲「ユメとキボーとアシタのアタシ」です。

サビはロングトーンが多くて、ビブラートの練習にも良さそうな曲ですね。
Aメロ(0:29~0:42)とA’メロ(0:43~0:56)のリズムを
しっかり覚えておけば違和感なく歌えそうです。


これはゾンビですか? ED曲「気づいてゾンビさま、私はクラスメイトです」です。

今期アニメでは、一番ノリが良いかもしれませんね。音楽もテンポよく明るいです。
サビにて、音域が1オクターブ上がるところがあるので
低音側の音程をズレないように気をつけておきたいです。


どちらの曲も抑揚はつけやすいと思うので
精密採点DXだと良好な点数が出そうです。

いつDAMで歌えるようになるか分かりませんが
ぜひオリジナルを忠実に再現した曲にして配信して欲しいですね。

| カラオケ::DAM | 17:32 | コメント(0) |
精一杯がんばって精密採点DX記録更新
近くのコートダジュールへ行ってカラオケの練習してきました。

LIVE DAMが稼働して2ヶ月経ちますが、
カラオケ館、ラウンドワン、ビッグエコー、コートダジュールなど
大手カラオケボックスならLIVE DAMがだいたい導入されましたね。

これからはLIVE DAMがメインで、たまにPremierDAMを使う感じになりそうです。

精密採点DXの自己ベスト更新
カラオケの締めで歌っている星想夜曲(うたわれるものOPカップリング曲)
精密採点DXの記録を更新しました。ついに97点が出ました。
今まで精密IIと精密採点DXの最高点が96点だったので、大きな記録更新ですね。

この曲は私しか歌わないせいか、ずっと全国平均点が95点となってました。
最近になって平均点が下がってきました。採点モードでこの曲を歌う方が、他にもいるようです。

歌詞とメロディーがとても美しい曲なので、いろいろな方に歌って欲しいですね。

安定性とビブラート評価が効きました
安定性MAX(92/100)、ビブラート評価が☆4.5が効いています。
抑揚が9/10なので、これを満点の10/10にして、音程96%になれば
98点が見えるかもしれません。

精密採点IIでは95点がなかなか出なくて苦労してましたが
精密採点DXだと、96点以上が滅多に出なくて難しいです。

| カラオケ::DAM | 23:59 | コメント(2) |
楽に出せる音域は限られる@DAMボイストレーニング
今日はLIVE DAM設置店まで行ってカラオケで遊んできました。
ヒトカラですけど、指定機種をLIVE DAMしたらパーティールームになりました。

デンモクiDとデンモクiDS
パーティールームなので、デンモクも3台あります。
プレミアDAM用のデンモクiDまでありました。

デンモクiDSとiDを比べると、昔のiDの方が使いやすいですね。
リモコン操作の専用ボタンがあるのと無いのでは使い勝手が違います。

DAMボイストレーニング
LIVE DAMにしかないゲーム機能「DAMボイストレーニング」を試してみました。
最初に、音程設定があって男性向けか女性向けが設定できます。
私は声が低いので音程低めにしました。

DAMボイストレーニングには、3種類のメニューがあるようです。
「声を出す準備」「トレーニング」「声域チェック」
まずは、声域をチェックする機能を使ってみました。

音程測定
「ファ」を基準に、低音、高音を出してみるものです。
正しい音であれば鍵盤が水色(GOOD)、音程がズレているなら
オレンジ色(MISS)になります。写真だと1ヶ所オレンジ色になってますが
ちょうど地声と裏声を切り替える音の高さなので、音が不安定になっています。

声域チェック結果
声域チェック結果はこんな風になりました。
測定範囲の音は全部出すことができました。
実際の私の限界だと、低音は「レ」、高音(裏声)は「ミ」くらいです。

トレーニングでは、38種類の課題があるようです。
音程、リズム、しゃくり、ロングトーン、ビブラートなどの練習ができます。

STEP1のトレーニング
一番最初はリズムからです。タイミングに合わせて
「ファ」の音程で声が出ればOKです。簡単ですね。

トレーニング結果画面
結果画面はこのようになります。4種類の判定があって
「不合格」「合格♪」「合格♪♪」「合格♪♪♪」が出るようです。

現在の攻略状態
時間の都合上、STEP1とSTEP2の一部だけやってみました。
STEP1が全部合格しないとSTEP2が解禁されませんね。
おそらくSTEP3は、STEP2を全部クリアしないと挑戦できないようです。

LIVE DAMを使うときはトレーニングも少しずつ挑戦してみて、
全部クリアできたら報告しようと思います。

声域が広い曲
声域で思い出しましたが、私が歌っている曲の中で
一番声域の幅が広い曲はコレです。写真の通り「組曲らきすた動画」がすごいですね。
この曲に限らず、メドレー系の曲だと声域は広くなりそうです。

ちなみに、この曲は15分くらいあります。
精密採点2だとガイドメロディー表示が途中で表示されなくなるのですが
精密採点DXからは、最後までガイドメロディーが表示されました。

途中から表示しなくなるのは、精密採点2の仕様(13分が表示限界?)だったようです。

| カラオケ::DAM | 23:59 | コメント(0) |
続けて保存する精密採点DXデータベース
新しく登場したLIVE DAMの採点記録をパソコンにも
保存してみようと思います。

精密採点DXの記録は、パソコンからDAMとものサイトで見れますよね。
ただし、DAMとものデータは古いものから消えてしまうので
長期保存できるように自分のパソコンに記録してみます。

精密採点DXの記録
精密採点IIと違って、DAMともでそれぞれのパラメータが
テキストで出力されるため、データのコピーは簡単です。
私は、こんな風にExcelに採点記録を保存させています。


単純にExcelにコピーアンドペーストすればいいだけですが、
ちょっと見やすくするために以下のような方法で保存させています。
データのコピー方法について簡単に説明すると…

①DAMともの精密採点DXの記録をコピー
ブラウザで表示されている値をコピー
ブラウザで精密採点DXの結果表示させます。
結果内容の数字をドラッグして、右クリックでコピーを選択します。

②Excelに貼り付け
Excelに貼り付け
Excelを起動させて、白紙のワークシートに貼り付けします。
(この白紙のシートを、以後編集用ワークシートと呼びます)
写真のような感じで出力されますが、この状態で再び
右クリックでコピーを選択します。

③行列を入れ替えて貼り付け
行列を入れ替えて貼り付け
空白のセルを右クリックして、「形式を選択して貼り付け」を選びます。
すると写真のような設定画面がでるので「行列を入れ替える」に
チェックマークをつけてOKをクリックします。

④この値を、記録しているExcelのファイルへ順番に貼り付ける
Excelで見やすい状態のデータに
行列を入れ替えることで、1つの記録が1行で収まるため
たくさんの採点記録があっても見やすくなります。
自分でフォーマットを作り、保存用のワークシートにコピーさせれば
写真1枚目のような感じになります。

この作業をするうえで注意することは2点。

・編集用ワークシートにデータを落とすとき、一度も使っていないセルへ貼り付ける
 →すでに貼り付けたセルは、曲名のリンクが残っている場合があります
 →連続してコピー・貼り付けの作業を行うときは、下へスクロールさせて
   一度も何も使っていないセルに貼り付けてください

・抑揚、ビブラート、ロングトーンの評価は、数値の表示形式を変えること
 →Excelに貼り付けると日付形式で表示されてしまいます。 (例: 8 / 10 → 2010年8月10日)
 →保存用Excelワークシートに貼り付けてから、セルの表示形式を開いてください。
   表示形式をユーザ形式で種類には「m」と指定すれば正しく表示されます。

もっと簡単に手動で保存できる方法があれば、ぜひ教えて欲しいですね。
一番いいのはDAM公式で採点記録をcsv形式でエクスポートできることですが…。

| カラオケ::DAM | 21:54 | コメント(0) |
飛んで戻ってくる波形@ビブラートはひし形
大学時代の研究室メンバー5人とカラオケに行ってきました。
なんと、厚木のカラオケボックスにも
LIVE DAMを導入した店がありましたよ。

早速、LIVE DAMの部屋をフリータイムで確保してみました。

精密採点DXで5人が歌ったところ、全員が精密採点2よりも
高い点数が出ていました。ただし、90点を超える人は少なかったです。

私は精密採点2と比べると、精密採点DXの方がたくさん90点代が出ます。
ビブラートをまったく使わなくても、他の評価が良ければ93点を確認しました。

今までの手応えから考えてみると…

・音程85%以上
・安定性が85/100以上
・ロングトーンの評価が7/10以上
・抑揚が7/10以上
・ビブラートが5/10以上
・レーダーチャートにて、リズムの評価が100%付近

採点パラメータで、このあたりの数値を満たしていると
確実に90点が出ている気がします。

ひし形ビブラート(タイプ:H)
ビブラートの検出タイプですが、友人が歌った採点結果で
ひし形(タイプ:H)というのを初めて見ました。

■精密採点DXのビブラート種類 暫定版
 ・ボックス形(タイプ:A-1~A-3)
 ・ボックス形(タイプ:B-1~B-3)
 ・ボックス形(タイプ:C-1~C-3)
 ・上昇形(タイプ:D)
 ・下降形(タイプ:E)
 ・縮小形(タイプ:F)
 ・拡張形(タイプ:G)
 ・ひし形(タイプ:H)
 ・ノンビブ形(タイプ:N)

私は、ほとんどボックス形(B-2からC-3)で、無理してビブラートを出すと
下降形か上昇形になってます。上昇形でも評価が高いときもありますが…。

現在の最高点
ちなみに、私の精密採点DXの最高点は96点です。
歌い慣れている曲なら95点は出ますけど、96点以上は滅多に出ないですね。

| カラオケ::DAM | 23:59 | コメント(0) |
このブログについて
    このブログはねうとんの日常生活のエピソードや、趣味のパソコン、バイク、鉄道、音楽ゲームなどの話題を盛り込んだ日記です。詳しい説明はこちらをご覧ください。
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   12 - 2022   >>
ブログの記事検索
Twitterの「つぶやき」
バイク車載動画
    Youtube、ニコニコ動画で動画公開中
     
     
コミュニケーション一覧
新規コメント
カテゴリ
月別で記事を表示
ランダムで記事表示
RSS配信・システム情報
蒼い車輪はサーバ負荷観測に協力しています
スクリプト配布元
ブログ本体 :ぶろぐん
ブログ表示Skin :ゲットネット...¥
画像Plugin:Slimbox